注文住宅を建てるために苦労したこと

マイホームは少しでも住みやすい家にしたいものですが、建売住宅にするとあらかじめ間取りが決められアレンジできなくて物足りないです。このため、長く安心して暮らせるようにするためには注文住宅を選ぶと良いと考え、価格が高くなりますが購入することを決めました。注文住宅の依頼先は工務店やハウスメーカー、デザイナーなどがあり、それぞれの見積もりを確かめると同じ要望でも大きく差が出て驚いたものです。また、資金調達の仕方を決めないと厳しく、住宅ローンは引き渡しが行われるまで利用できないためつなぎ融資で何とかしました。
注文住宅を建てるためには依頼先の選び方や資金調達の仕方で苦労し、じっくりと時間をかけて決めることにしました。しかし、完成するとうれしくなるものですが、ローンの返済期間が長くなり金銭計画をうまく立てないといけないと感じています。注文住宅はそれなりに苦労しますが家族で愛着を持って住みやすく、マイホームとして選ぶと良いと実感しました。