アパート形式の二世代住宅を建築

我が家では新築する際に息子夫婦と同居する条件として二世代の新築住宅を建てることにしたのです。 ただ、親の私の方は女房とも相談して建物は一つ屋根の家でも世帯は別々にするという条件でした。 実は息子の嫁さんを含めた若夫婦も同意見であったのです。

はじめは同居と言っても敷地内に二つの家を構える予定でしたが、色々と調べた結果は敷地も狭いし二棟新築するよりも一棟で2階建てのほうが資金的には負担が少ないことが判ったのです。 結局は同じ屋根の下でも所謂、アパート形式にして全く同一間取りではないが二階部分の我々の部屋(家)は多少小規模にして作ったのです。 勿論、アパート形式ですから屋根付きの外階段で完全別宅という感じにしたのです。

それにその後の考え方として、我々、高齢の親が亡くなった場合は息子夫婦のために将来はごく親しい人達かあるいは良心的な他人でもいいから貸家として再利する用価値があるとしたのです。 そんなことで現在は我ら老夫婦二人で二階での生活を不自由なく暮らしていますし、月に数回くらいは同じ屋根の下に住む息子家族一緒に食事などをしております。