二世帯住宅にして楽になった

二世帯住宅にしたことで、とても楽になったことは、両親の様子を定期的に見に行かずに済むようになったことです。やはり遠方に住んでいると、車に乗って親の様子を見に行っていたので、そうすると時間もロスになり、子供の受験と介護が重なる年齢になってくると、色々と疲れも出てくるので、そういうことも考慮して二世帯住宅にしました。1階部分は親が住み、2階部分は私達の家族が住むようにして、かなり広々と効率良い住まい環境になりました。お風呂やキッチンなど別々に設置したことで、お互いのライフスタイルの違いなども考えて、二世帯住宅は家づくりしたことでトラブルなく楽しい生活になりました。高齢者は夜早く寝て、朝早く起きるので、どうしても生活ペースが大きく違いがあり、ズレを生じることになるため、その辺は考慮してから二世帯住宅のプランを立ててもらったことで、お互いストレスを感じず生活することができ、とても楽になったので快適な日々を過ごしています。