あれば助かるものとして

電気代が太陽光発電で作り出した分タダになることが光熱費が正味0になるといったことですが日中は自宅で発電した電気を自家消費して、余った電力は電力会社に売電して収入を得ます。そして、省エネタイプのエアコン、家電など使用したり気密性を高くする住まいにしてガス代など高熱費削減もでき、結果光熱費0にできるのです。災害時の被害最小に抑えるため、あると助かるライフラインが電気であり、地震など自然災害の停電は記憶に新しいです。災害など停電しても電源として使える、ZEH住宅として認められるのに設置が必須ではないですが、蓄電システム設置してみれば、電気溜められて、日中も夜間も電源確保できる災害に強い住まいになります。そして、ZEHのデメリットとして、住まいに長年にわたり日々暮らしをしていく場所であり、ZHE住宅はほとんど光熱費がかからず売電収入得られて、長期的に見ればコスト回収ができます。光熱費抑えられた売電収入得られ亜すが、発電当てにしすぎるのは危ないです。