仕事優先で注文住宅を建てました

一戸建ての家を購入しようと決めた時に、私が最優先したのは「仕事がしやすい家」ということでした。私は会社勤めをしていて、その会社で定年まで働こうと決めているため、会社に通いやすいことを条件にしました。会社の沿線上の街に家を買い、通勤が楽になるようにしました。通勤が楽になれば、その文の体力を仕事につぎ込めるためです。また「書斎」を充実させるよう気を配りました。一般的に夫の書斎はないがしろにされがちですが、私は仕事をしやすい家を最優先しているため、大きな書斎がある家でなければ、建てる意味がないと思いました。このような希望通りの家を作るために、「注文住宅」を選びました。注文住宅なら自分の希望通りの家を建てることができると思ったからです。こうして私は一戸建ての家を建てました。会社の沿線上にある街に住み、家には大きな書斎があります。このような家に住めることに感謝しながら、仕事も一生懸命頑張ろうと誓いました。